音楽

音楽

あいみょん 青春エキサイトメント

TBSラジオから流れてくる、若い女性の歌にパソコン作業の手が止まりました。誰?この歌手。なにか懐かしい響きがある。曲が終わり、パーソナリティーが曲名をいう。『きみはロックを聴かない』という曲で、歌手はあいみょんと言う名のミュージシャン。
音楽

合唱団 コロナ対策 練習再開に向けて

僕は、神奈川のとある合唱団に所属しています。2018年8月に入団したので、もうすぐ2年経ちます。しかし、新型ウイルス感染拡大を防ぐため、今年3月1日から練習が中断しています。そして、現時点で7月末までの中止が決定しています。昨日、合唱団の代表から再開時期に向けての相談がありました。
日記

62歳と生前整理と身軽になることと

当然ですが、あの世に行くときは、何も持っていけません。どんなにたくさんのお金を持っていても、素晴らしい物を持っていても。家族や親族に遺すという考え方もありますが、それは資産家の考え方です。普通の会社勤めいた人は、そんなことで頭を悩ます必要はないと思います。
音楽

『緊急事態宣言延長』と『TBSラジオ』と『手嶌葵』と

やっぱりこんな時は、ラジオがいいです。僕は、PC作業が多いので、TVや映像は、作業が進まないので、どうしてもラジオになります。僕はほとんどTBSです。時々NHKの第一かな。先日、TBSラジオ「たまむすび」の中のドライバーズ・リクエストの中で流れたある歌手の歌に心が惹かれました。
音楽

『ボブ・ディラン』と『学生街の喫茶店』と

フォーク・グループ ガロが、『学生街の喫茶店』のヒット曲を発表したのが、1972年(昭和47年)のこと。当時僕は、中学3年生。まだボブ・ディランは聴いていませんでしたが、の歌詞の“片隅で聞いていた ボブ・ディラン”というフレーズが、ずっと頭に残っていました。
日記

『学生街』と『散歩』と『ビートルズ』と

自宅待機の巣ごもり生活も20日間が過ぎました。この間、量販店とファミレスのアルバイトはなくなり、自宅でいつ稼げるかわからない音楽や映画のレビューを書き綴っています。ただ、自宅にこもりっぱなしでは、身体に悪いので雨の日でなければ1日30分から1時間は散歩に出ます。
日記

山口百恵 70年代は遠くなりにけり

ラジオから流れてきた山口百恵の『さようならの向こう側』。僕も気持ちは一気に50年前に飛んでしまいました。僕は、1957年(昭和32年)生まれなので、まさに思春期から社会人になるまでがまるまる70年代でした。ちょっとばかり、センチメンタルになって振り返ってみたいと思います。
日記

マイルス デイヴィス 名盤 ビッチェズ・ブリュー

こんにちは、 よしおです。 久し振りにマイルス・デイヴィスを聴きました。 僕は、クラシックが一番好きですが、この3年ほど、毎日毎日クラシックばかり来ていました。そして聴いた録音のレビューを書いてブログにアップしていした。 ...
ペット

つじあやの ベスト

映画を観た時は誰の作品で、誰が歌っているのかも知りませんでした。そんなことからあってから月日が流れ、今日たまたまラジオからその時の歌が流れたではないですか!つじあやの「風になる」だった。現在、新型コロナウイルスで息苦しい時に、春風のような曲を聴いていると不覚にも涙が出てきました。
音楽

ベートーヴェン 貴方はやっぱり面白い!

僕は個人的には、ベートーヴェンは、作曲家としては当然偉大だったけど、興行師としても企画力、ビジネスセンスがそこそこあったのではと思う。またピアノ教師としても良家のお嬢様たちを教えていて、教えるセンスもあり、またそんなお嬢様たちと親しくなったりしているので、愛嬌があり人好きのする人物だったのではと思っています。
タイトルとURLをコピーしました