komemaru一覧

定年後 一億円かかる!?

60才、65才、そして定年を迎える人、迎えた人、70才以降も働こうという人が絶対数と増えてきました。それもそう65才の人数は、全人口の30%に迫っています。市場としては大きなマーケットです。傾向としては、危機感を煽るタイプと安心感を与えるタイプと2種類あります。どちらもそれなりの主張があります。

消費税 アップ 前と後

9月30日は、消費税率8%の最終日。 ただ月曜日ということで、前日の週末が忙したったようで、僕は出勤していなかったのですが、大したことがないとたかをくくっていました。 しかし、それは間違いであることがすぐわかりました。 感覚的には通常の平日の3~4倍の来場数でした。

コンサート スタッフ

横浜マタイ研究会合唱団による、ミサ曲ロ短調のコンサートが行われました。 当合唱団は、僕が所属する湘南シティ合唱団と指導くださいる先生が同じなので、交流があります。 そこで私は、運営のお手伝いということで、開場前より県立音楽堂で準備などやりました。 一応謝礼も出るのですが、それとは別にコンサートの運営側の仕事をやるのは初めてなので、楽しみにしていました。

定年後 犬も歩けば棒にあたる

作家重松清が「定年ゴジラ」という定年小説を発表したのが、今から約20年前の1998年のこと。当時僕は41才で、父親は64才でした。 この小説は、重松氏の言っているように自分の父親世代の悲哀を描いたものです。しかし、圧倒的に違うことは、定年後の生き方です。

暗中模索

暗中模索の意味は、真っ暗な闇の中で、何が何だか分からなくなり、手探りをして何かをつかもうとしている状態です。例えば、「今回のプロジェクトは、何から手を付けていいか暗中模索だよ。」などと使います。ところが、当初はどうも違った意味で使われていたようです。

シニア 求人 近未来

僕の勝手な予測ですが、10年後、いや5年後には定年という概念がなくなると思います。 つまりトヨタも放棄しましたが終身雇用という考え自体がなくなるので、 当然、定年という概念はなくなります。

シニア 求人

僕は、今年7月末に37年間働いた会社を退職しました。定年後、2年ほど再雇用で働いてからの退職でした。退職する後は、自営とアルバイトで食っていく予定でしたが、アルバイトは、在職中に決めていました。大手量販店の家具売り場です。しかも在職中に研修などに行っていましたので既に3ヶ月目に入りました。少しずつ慣れてきました。

老いるショック!

みうらじゅんさんが、言い出した「老いるショック!」が楽しいです。みうらじゃんさんは、1958年2月生まれですから、57年9月生まれの僕と同級生。みうらさんは、豊かな長髪で、僕はスキンヘッドの違いはありますが、なんか共感する部分が多いです。この「老いるショック!」も以前、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」に出演していた時にみうらさんの言葉で初めて聴きました。

認知症 リスク

定年後、60歳を過ぎると太ることを気にして食べる量を抑える人は多いようです。実は僕もそう思っていました。ところが、週刊現代の2019年9.14&21号に次のような記事がありました。東大、千葉大、山梨大の研究チームが、やせている人ほど認知症になるリスクが高くなるという研究結果を出したそうです。しかも60歳を過ぎると少し太めがいいとか。

映画 禁じられた遊び

Amazon Primeで、名作「禁じられた遊び」を観ました。かなり前に観た記憶があります。両親と愛犬が、ドイツ軍の一掃射撃で亡くなった場面からもうダメです。泣いちゃいます。そして、次に場所で通りかかったおばさんにもう死んだんだから捨てなさいと川に放り投げれます。ポーレットは、それを追って川伝いに犬の死骸を取り戻します。