音楽

日記

62歳と生前整理と身軽になることと

当然ですが、あの世に行くときは、何も持っていけません。どんなにたくさんのお金を持っていても、素晴らしい物を持っていても。家族や親族に遺すという考え方もありますが、それは資産家の考え方です。普通の会社勤めいた人は、そんなことで頭を悩ます必要はないと思います。
音楽

『緊急事態宣言延長』と『TBSラジオ』と『手嶌葵』と

やっぱりこんな時は、ラジオがいいです。僕は、PC作業が多いので、TVや映像は、作業が進まないので、どうしてもラジオになります。僕はほとんどTBSです。時々NHKの第一かな。先日、TBSラジオ「たまむすび」の中のドライバーズ・リクエストの中で流れたある歌手の歌に心が惹かれました。
音楽

『ボブ・ディラン』と『学生街の喫茶店』と

フォーク・グループ ガロが、『学生街の喫茶店』のヒット曲を発表したのが、1972年(昭和47年)のこと。当時僕は、中学3年生。まだボブ・ディランは聴いていませんでしたが、の歌詞の“片隅で聞いていた ボブ・ディラン”というフレーズが、ずっと頭に残っていました。
日記

『学生街』と『散歩』と『ビートルズ』と

自宅待機の巣ごもり生活も20日間が過ぎました。この間、量販店とファミレスのアルバイトはなくなり、自宅でいつ稼げるかわからない音楽や映画のレビューを書き綴っています。ただ、自宅にこもりっぱなしでは、身体に悪いので雨の日でなければ1日30分から1時間は散歩に出ます。
タイトルとURLをコピーしました