クロスワードパズル

日記

こんにちは。
よしおです。

図書館や電車内などで僕くらいの年齢のおじさんが、クロスワードパズルに熱心に取り組んでいる姿を見掛けることがよくあります。

クロスワードパズルは、高齢者の脳トレにいいらしいのでしょうか。

さて、このクロスワードパズルの起源はいつなのでしょうか?

クロスワードパズルが、最初にあらわれたのは、

1913年12月21日の「ニュー・ヨーク・ワールド」紙の日曜版でした。

いまから約107年前のことだそうです。

僕自身もクロスワードパズルに関しては、僕は、学生時代に多少ハマったことがあります。

今日は、クロスワードパズルについての情報をお届けします。

スポンサーリンク

クロスワード・パズルの起源 考案者

さて、クロスワード・パズルの起源をたどるには、まず考案者は誰かを知る必要があります。

その考案者は「ニュー・ヨーク・ワールド」紙の編集者で、リバプール生まれのイギリス人、A・ウェインでした。

しかし正確にいうと、クロスワード・パズルは、ウェインの発明ではないのです。

というのは、これに似たことば遊びが、かつてイギリスにあったからなんです。

考案者のウェインは、その遊びをヒントにクロスワードパズルを考え出したのです。

スポンサーリンク

クロスワード・パズルの起源 新聞から

ウェインは、イギリスですごした少年期のぼんやりした記憶から、

このゲームを思いつき、日曜の娯楽ページに掲載してみたのです。

クロスワードパズルの起源は、新聞から始まりました。

ところが、このパズルは、数年のうちには、アメリカおよびイギリスのほとんどすべての新聞の紙面をにぎわすようになったのです。

そしてウェインが、初めて新聞の日曜版に掲載してから約11年後の1924年には、パズルを集大成した書物が出版されて、
一躍、大ベストセラーになってしまいました。

クロスワードパズルのファンはニ種類

クロスワードパズルのファンには、二種類います。

 

第一は、あらゆる辞書や事典を手もとに置いて挑戦する学究型、

第二は、いっさい参考書を用いず、もっぱら直観にたよるタイプ。

そしてこのゲームのファンたちは、当然のことながらスピードを競います。

いまのところ、ロンドンの「タイムズ」紙のパズルが、その競争の基準になっており、それをいちばんはやく解いたのは、

R・ディーンなる人物で所要時間は3分24秒。

それとは逆に、

遅い方の記録として残っているのは、南太平洋のフィージーに住む婦人で、

彼女は1932年4月の「タイムズ」のパズルを1966年5月に解いてそれを「タイムズ」紙に送ってきたことです。

つまり彼女は34年間を費やしてやっとひとつのパズルを解いたのですね。

最後に

毎日の通勤電車で乗客を観察していると、クロスワードパズルをやっている人を時々見かけます。

そのほとんどが年配者の男性です。

多分、僕と同じくらいか、60代半くらいの方々です。

趣味なんでしょうか、脳トレなんでしょうか。

でも、ニューヨークの新聞に載ってから広がるまでそんなに時間を要していないところみると、クロスワードパズルというのは、人間の根本を刺激するパズルだと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました