更年期障害 男性

健康

こんにちは、
よしおです。

更年期障害とは、女性特有のものかと思っていました。しかし、ある時五木寛之さんのエッセイを読んでいて、男性も更年期障害と呼べる時期があると思うようになりました。

更年期とは、女性の閉経前後の45歳から55歳の時期をいうようで、そこから女性特有の者かと思っていたのです。

ただ、男性にも更年期と呼べる時期があるようなので、それを考えたいと思います。

スポンサーリンク

男性の更年期障害

更年期障害とは女性が閉経によってホルモンのバランスが崩れて、様々な症状を起こしてしまうと考えられてきました。

このような視点から考えると男性には更年期障害はないと思ってしまいます。
しかし、最近の病院では男性の更年期障害で症状を訴える人が増えていると言われています。

男性の更年期障害とはどのような症状でしょうか。
一言で言えば更年期障害とは性ホルモンの働きが悪くなることです。

症状としては、性欲の低下、意欲の低下、疲れやすい、集中力の低下、気分の落ち込み、睡眠時間が短くなる、体力の低下、関節痛などです。
つまり、たくさんの症状があり、それぞれの症状は老化によってもたらされる場合もあります。
自分で更年期障害だとわかるケースはほとんどないと考えていいでしょう。
例えば体力の低下は老化によってもたらされることが多いのですが、更年期障害かどうかを判断するには年齢を考慮してみるといいでしょう。

更年期障害が出てくるのは一定の年齢ではなく、かなりの個人差があります。
40代くらいでも症状が出る場合があり、その年代で体力が衰えてきたと感じたら更年期障害を疑ってもいいでしょう。

最近は、男性向けの更年期障害に対応している病院も出てきましたが、あまり一般的ではないため、肥満や食事バランスが悪いせいだと指摘される場合もあるでしょう。

スポンサーリンク

更年期障害 検査

更年期障害かどうかを判断するには性ホルモンの量を検査することです。
血液中の男性ホルモン、いわゆるテストステロンの量を計測します。

テストステロンの働きを説明しましょう。
テストステロンは男性だけではなく女性の体内にも存在しており、骨や筋肉を発達させる、判断力などの認知機能を高める、免疫力の維持、コラーゲンの分泌などの働きがあります。

老化によって同じ症状となりますが、老化とは男性ホルモンの減少を伴っていると考えていいのかもしれません。

これまでは女性だけが性ホルモンの減少で悩んできたのですが、男性にも更年期障害があることがわかり、老化に対する考え方が変わってきています。

体力の衰え、集中力の低下はサプリメントなどによって改善することができるのです。
これから長生きをしたい人は更年期障害について知っておくことが重要となります。

スポンサーリンク

まとめ

男性にも更年期障害があるのでは感じていましたが、わかりやすい状況がないから、徐々にという感じなのかなと思っています。

言われてみれば、50代後半から疲れやすくなったし、睡眠時間も短くなりました。

意欲の低下や、気分の落ち込みはあまり感じませんが、自分で気づかないだけかもしれません。

次から、男性の更年期障害についてもっと考えたいと思います。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました