横浜市特別定額給付金 申請書届く

日記

こんにちは、
よしおです。

日本に住んでいるすべての人に一人10万円支給される、特別定額給付金の申請書が、ようやく昨日6月9日に届きました。

横浜市のホームぺージには、5月28日から6月8日に掛けて順次申請書を発送すると記載していました。

近隣の緑区、青葉区に住むアルバイト先の人たちは、先週届いたと言っていたので、僕の住む港北区ももうすぐかな、と思っていたら昨日9日に届きました。

スポンサーリンク

特別定額給付金 申請で気を付けたいこと。

申請書には、世帯主および家族の氏名、生年月日は既に印字されているので、それを確認することで、記入自体はそれほど多くありません。

赤枠内を記入すれば良いのです。

ただ、個人的に気を付けたいな、と思ったのが、氏名、続柄、生年月日の横に給付金不要欄があるのです。

この欄に関して、どういう人が記入対象になるのか、明記されていません。

多分、僕が考えるところでは、この申請書は、4月27日時点の台帳を基に書かれています。そのため、4月28日以降に亡くなった方が対象かと思ったけど、新型コロナの影響を亡くなる前から受けているわけで、受け取る権利はあるはずです。

では、なんのためなのでしょうか?

なんか、引っかけ的な欄で不要と思うと同時の作成者の心の貧困さが感じられます。

スポンサーリンク

特別定額給付金 コンビニに列

申請書の送付には、本人確認書類と振込口座が確認できる書類のコピーを同封しなければなりません。

僕は、アルバイトから帰宅し、夕食を取って、午後9時頃に近所のコンビニに行きました。

1、コピーはカラー、白黒の明記はありませんが、僕はカラーで取りました。

2、書類の取り忘れに注意。僕がコピーしようとコピー機のカバーを開けたら、前にコピーしたと思われる方の免許証が残っていました。コンビニの店員にすぐ渡しましたが、特に注意したいところです。

3、僕はすぐコピーできましたが、僕の後には5人ほどの列が出来ていました。大切な書類のコピーですので、列が出来ていても焦らず行いたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

僕は、コンビニでコピーを取って、それを返信用の封筒に申請書と同封して、コンビニ前のポストに投函しました。

さて、いつ振り込まれるのでしょうか?郵送での申請に対して6月9日から順次振り込むと横浜市のホームページには記載されています。出来れば今月の家賃に充てたいので月末までに振り込んで欲しいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました