世界美術全集の行先

日記

こんにちは、
よしおです。

我が家に段ボール箱(目測40センチ×60センチ)2つに入っている、世界美術全集と日本の海外全集がありました。

妻の実家にあったものが我が家にやって来たのですが、妻によると妻の母親がなんで買ったかわからないということです。

多分、営業員に泣きつかれて買ったのでは、と憶測していました。

スポンサーリンク

世界美術全集の使い方

妻からは、売り払っていいよ、なんて言われましたが、売ったところ二束三文ということは推測できます。

そこでまず自分の知識にすることを考えました。しかし、これは家に置いておくことですから場所をとります。しかもいつでも見られる場所に置いておくことは無理だったのでしまい込むことになります。

こうなると単に場所取りなります。

市立図書館に相談

そこでいつも利用している市立図書館に寄贈しようと思い、相談しました。
じつは歓迎されると思ったのです。

しかし現実は違いました。言われたのは、美術全集は、貸し出しはしないので何セットも要らない、つまり図書館に1セットあればいいとのこと。

もしどうしても処分したのだったら、譲りますコーナーに置いてください、と言われ、諦めました。図書館に自分で持ち込むのは良いとしても、2セット重さ、多分30キロ近くある全集を手に取って譲ってください、というは考え難かったからです。

スポンサーリンク

転売サイトも考えたけど

メルカリなどの転売サイトも考えました。

ブックオフオフなどの買取よりは高く売れるかもしれません。しかし、やはり重さがネックです。1セットごとに梱包しても自分一人で持ちことは無理です、いや腰を痛めてしまいます。

流れちしては、一度試みても良かったしれませんが、これも早々に諦めました。やはり容量と重さが気持ちを萎えさせまし

結局、ブックオフに持ち込むことにしました。

現在、入っている段ボールのまま車に娘と積み込みました。しかしこれも重労働で、一箱そのまま持てないので、まず、全部箱から出して、箱をクルマの荷台に置き、数往復してクルマに積み込みました。

ところが、いつも利用しているブックオフがなんとスタッフ不足で買い取り業務を休止していたのです。そこで、クルマで行ける範囲で探したところ、3キロ先にブックオフの店舗があるのを見つ電話しました。

そうすると買い取り業務を行っているとのこと。その店舗に持ち込むときも大変でした。

台車を借りて、また一旦クルマの中で段ボール箱から出して、箱を台車に置き、また段ボール箱に全集を戻すという作業を行いました。

スポンサーリンク

最後に

ブックオフでは、30分ほど待たされました。

僕が行ったブックオフは、綱島店でGWおよび土日は休業でした。8日に行ったのですが、タイミングが良かったです。

結局、買取価格は、800円。

もともと処分が目的だったので、値段が付いただけラッキーでした。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました