ベートーヴェン一覧

ベートーヴェン 交響曲第5番”運命” クレンペラーの伝説的名盤

吉田秀和の名著「世界の指揮者」の中でもオットー・クレンペラーの項は、クレンペラーへの畏敬と敬愛が入り混じって、なかなか出色の出来でした。笑ったのが、吉田氏がクレンペラーのブルックナー4番のコンサートに行ってよくわかんないやと眠ってしまったそうです。指揮棒を持たないで、左手を像の耳みたいにひらひらさせていたとか、

ベートーヴェンは凄い!大みそかの大イベント

2015年以来、12月31日の大みそかに僕は、上野の東京文化会館に通います。ここで、なんと1日にベートーヴェンの交響曲全曲の連続演奏するというとんでもないコンサートが開かれています。今年で17回目。僕は既にチケットを購入して当日を待つだけです。まだチケットはS席とA席は十分余裕があるようですのでお早めにどうぞ。

クレンペラー 最後のベートーヴェン 交響曲全集

まさか、まさか、こんな凄い録音が遺されていたなんて、思ってもいませんでした。世界遺産級です。20世紀最高の指揮者オットー・クレンペラーの1970年の録音がしかも鮮明な映像で残されていたなんて。1970年と言えば、クレンペラーの既に85歳。確か翌年には、コンサートから引退したと思います。しかもこの時期にベートーヴェンの全集が残されていたなんて長くファンをしていましたが、知りませんでした。

フルトヴェングラー レガシー

ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)というクラシック音楽界の指揮者がいました。 ドイツ出身の大指揮者です。 20世紀最大の指揮者の一人としてその名前は、音楽界に永遠に刻まれると思います。 皮肉なことに、フルトヴェングラーの全盛期が、ナチスドイツの時代と重なっていてドイツ人ということで迫害こそ免れましたが、多くの妨害にも屈せず、敗戦直前のドイツに留まり演奏活動を続けました。