自転車のながら運転 すぐやめてください。知らない間に加害者に

次のような交通事故に

関するニュースを聴きました。

今春、主婦がクルマにはねられると

いう事故が発生したのすでが、

イヤホンをつけて近くを走行していた

自転車が原因だとして

警視庁は、その自転車に乗っていた

男性を重過失傷害と

道路交通法違反の容疑で

書類送検したのです。

直接人をはねていないにもかかわらず、

ひき逃げ容疑で立件された異例なケースです。




直接人をはねていなくても関係車両は救護を

刑法上、

「業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。」

とされています。

また、道路交通法上、

「交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。」

と定めています。

これに違反すると1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せられることになっています。

交通事故は他人ごとではない まずけが人の救護を

上記の事故なら、

クルマを運転するものにとっては

当然のことですが、

自転車に乗るものには、

認識していない人もいるかもしれません。

また、事故に遭遇すれば、

自分が起こしたものではなくても

対応に協力するのが人として当然のことと思います。

でも、直接人をはねていない

自転車に乗っていた男性に

犯罪が成立し、

書類送検されるのは異例のことです。

では、その男性はどんな状況にあったのでしょうか?



イヤホンで自転車 あまりにも自分勝手な事故後の対応

書類送検された男性は、

イヤホンを付けたまま自転車を運転し、

交差点で車に接触。

急ハンドルを切った車が、

近くにいた主婦をはね、

ケガをさせてしまったという事故です。

しかも、防犯カメラに残されたいた映像は、

事故後、壊れた自転車から

タクシーに乗り換えて

現場から逃げ去る男性の姿が残っていました。とても悪質です。



最後に

女子大生が、イヤホンをして、ドリンクを持ち、

スマホを見ながら電動自転車で

死傷事故を起こしたニュースがありました。

あまりにも自分勝手で幼稚な事故です。

自転車でながら運転している人はすぐやめてください。

そして、もし事故を引き起こしてしまったら、

しっかり救護義務を果たすことです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする